◆ ニュースリリース

バッファローとジュピターテクノロジーが
「テラステーション」とネットワーク監視ツール「PRTG Network Monitor」の対応を相互確認

平成29年5月31日

株式会社バッファロー

ジュピターテクノロジー株式会社

報道関係者各位
お客様各位

メルコホールディングス(東・名6676)グループの中核企業 株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:井上 武彦、以下バッファロー)が製造・販売する法人様向けNAS「テラステーション」シリーズが、ジュピターテクノロジー株式会社(本社:東京都府中市、代表取締役:石川 幸洋、以下ジュピターテクノロジー)の販売するPaessler社製ネットワーク監視・サーバー監視ツール「PRTG Network Monitor」に対応することを両社で確認しました。

「テラステーション」シリーズは、ネットワーク監視・管理プロトコル「SNMP」(Simple Network Management Protocol)に対応しており、同プロトコルを利用したネットワーク監視ソフトウェアに対応しています。この度、両社の協力により初めて市販ネットワーク監視ソフトウェアとの相互動作確認が実現しました。

「PRTG Network Monitor」は「テラステーション」を監視するための専用の監視機能を装備しており、SNMP、WMI、S.M.A.R.T.情報による監視にも対応しています。「PRTG Network Monitor」を使用することで、バッファロー製品以外のネットワーク機器を含む環境下において「テラステーション」を含めたネットワーク・サーバーなどネットワーク機器の一元管理が可能になり、ネットワーク管理者は企業のニーズに合わせた機器選定が可能になります。

【対象シリーズ】

テラステーション 7000シリーズ
TS-2RZHシリーズ
TS-2RZSシリーズ
テラステーション 3010シリーズ
TS3410RN シリーズ
TS3410DN シリーズ
TS3210DN シリーズ

【「テラステーション」について】

 バッファローの法人様向けNAS「テラステーション」シリーズは、オフィス向けのネットワークストレージ(NAS)です。小規模オフィス向けの2ドライブ搭載デスクトップモデルからデータセンターなどへの導入に最適な12ドライブ搭載ラックマウントモデルまで幅広くラインナップ。別売オプションして、最大7年までの保守に対応する保守パックや、保存・更新されるファイルを常時監視してサイバー攻撃やウイルス感染から守るウイルスチェック機能を追加する拡張パックを用意しています。詳しくは こちら をご覧ください。

【「PRTG Network Monitor」について】

PRTG Network Monitor(ネットワークモニター)は追加アドオン不要、追加コスト不要のオールインワンネットワーク監視・サーバー監視ツールです。Windowsで ご利用いただけるため、特別な環境を必要としません。ネットワーク自動検出、設定ウィザード、200種類を超える組み込み済みセンサーなど、トレーニング不要で誰でもすぐに使い始めることができます。詳細は、こちら をご覧ください。

【バッファローについて】

 名古屋市中区に本社を置くパソコン周辺機器メーカー。BCNによる全国の大手家電量販店の2016年(1月~12 月)実売データ集計において、主要な周辺機器9部門のトップシェアを獲得しており、業界において国内ナンバーワンの販売実績をもつ。

【ジュピターテクノロジーについて】

ジュピターテクノロジー株式会社は、2001年の創業以来、海外のログ管理、ネットワーク管理、ネットワークセキュリティ製品の輸入・販売、及びシステム構築に特化した事業を展開。それら製品のローカライズやマニュアルの日本語化も数多く手がけ、優れた海外製品を多くの国内のお客様に提供している。

【関連ページ】


※最新報は製品情報ページにてご確認ください。
To Overseas Press People:
This product is only available in the Japanese Domestic Market. Pricing and availability in other regions may vary.

【本リリースに関するお問い合わせ先】

ジュピターテクノロジー株式会社
Tel: 042-358-1250   Email:info@jtc-i.co.jp

・プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
・プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。そ の後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実に より、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。