ジュピターテクノロジー株式会社

〒183-0023 東京都府中市宮町2-15-13 第15三ツ木ビル8階

LANsurveyor 

*本製品は平成24年9月をもちまして販売を終了させていただきました

LANsurveyorはネットワークを自動スキャンし、トポロジーマップを作成するツールです。連続スキャン機能を使用するとネットワークにおけるトポ ロジー変化を発見できます。不審なノードであればネットワークアクセスを無効にし、管理者にアラートを送信します。作成したネットワークマップは Visioフォーマットでのエクスポートが可能です。

LANsurveyor(SolarWinds社)

 ネットワーク発見とトポロジーマップ自動作成ツール。本製品にはトライアル版があります。インストール後21日間使用できます。

  1. 概要
  2. 機能
  3. システム要件
  4. ライセンス

LANsurveyorでネットワークの発見とマップ作成を自動化しませんか?

LANsurveyor

ネットワークマップ作成がどれほど簡単にできるかを体験しませんか?独自のマルチレベル発見技術の採用で LANsurveyorは自動的にネットワークを発見し、OSIレイヤー2とレイヤー3トポロジーデータを統合した、わかりやすいネットワークマップを作 成します。その後2回のマウスクリックでMS Visioにエクスポートできますので、その情報をネットワーク管理者同士で簡単に共有できます。

LANsurveyorの特長

ネットワークトポロジーの検出とマップ自動作成
MS Visio®へのネットワークマップへのエクスポート
ネットワークトポロジー変更の自動検出
    インベントリ管理

LANsurveyorの主な機能

 

ネットワークマップの自動生成

LANsurveyorはネットワーク上のルータ、スイッチ、サーバー、ワイアレスAP、VoIP電話、デスクトップPC、プリンタなどを自動的に発見します。LANsurveyorは業界標準の識別と発見技術(ICPM Ping、SNMP、SIP、NetBIOS、その他)で指定されたIPアドレス範囲をスキャンしノードを発見します。

LANsurveyor自動ネットワーク発見技術はルータに接続されたすべてのネットワークセグメントを識別しスキャンします。もちろん特定セグメントだけを選択することも可能です。IPアドレス範囲とSNMPコミュニティストリングを指定してください。

LANsurveyorはネットワーク発見後、ノードアイコン付のネットワークマップを作成します。ノードアイコンの接続線は速度で色分けされスイッチ ポート情報のラベルが付けられます。LANsurveyorの標準スイッチ/ハブポートレポートはすべての接続ノード情報を提供します。

LANsurveyorはネットワーク全体を表示するだけでなく、個別のセットワークセグメントだけの閲覧に制限することができます。 LANsurveyorはルータとネットワークセグメントだけのレベル1ネットワークマップ、ルータ、スイッチ、ネットワークセグメント表示のレベル2 ネットワークマップを自動的に表示します。ハイブリッドネットワークマップpの作成も可能です。

LANsurveyor機能トップへ↑

 

MS Visio®へのネットワークマップエクスポート

LANserveyorが作成したネットワークマップは2回のマウスクリックでVisioフォーマットでエクスポートできます。この時ネットワークディスカバリーデータ付のVision Smart Shapesが作成されます。

LANsurveyorはVisio 2003, 2007, 2010をサポートします。

 

 

 

LANsurveyor機能トップへ↑

 

連続スキャンによるネットワークトポロジー変化の検出とアクセス遮断

LANsurveyor独自の連続スキャンでネットワークの新たな接続デバイス、変化、未知のシステムを監視できます。 変化はすぐにネットワークマップに反映されるため、最新で正確なネットワークトポロジーの記録を入手できます。未知で不審なシステムを検出すると LANsurveyorはアラートを送信し、そのネットワークデバイスへのアクセスを遮断できます。

LANsurveryorの連続スキャンは過去のネットワークトポロジー変化を反映しますのでアーカイブ 作成に適しています。自動的にドキュメントを作成しますので、これらは各種法規遵守あるいはメンテナンスドキュメントとして利用できます。ベースラインと なるネットワークトポロジーマップ作成後、現在のネットワークトポロジーのスナップショットを日付ファイルで作成でき、これらはLANsurveyorも しくはVisioフォーマットで保存されます。

連続更新機能はスイッチポートレベルまでトポロジーマップを管理します。LANsurveyorはマネージドスイッチやハブのポート接続データを正確に取得します。マネージドスイッチやハブに直接接続する全ノードを含むトポロジーマップを作成します。

ネットワークの未知あるいは不審なシステムを見つけるとネットワークアクセスを無効にし、さらにアラートを送信できます。

LANsurveyor機能トップへ↑

 

TCPポート監視

LANsurveyorにはTCPポート監視でネットワークのアプリケーションやサービス可用性を監視する機能があり、最大20ノードの監視が可能です。監視間隔が可能であり、ポートアップ、ダウン、待ちなどのステータスをトリガーにしてアラート送信ができます。

LANsurveyor機能トップへ↑

 

アラート

LANsurveyorにはネットワークの問題に対するリアルタイムアラート送信機能があります。この機能はLANsurveyor連続スキャン及びTCP監視と組み合わせて使用します。

  • アラートの種類
  • メール送信
  • Net Sned
  • アプリケーション起動
  • SNMPトラップ
  • 音声ファイル実行
  • シスログ送信SMSメッセージ送信

LANsurveyor機能トップへ↑

 

マルチレベルネットワークディスカバリー

LANsurveyorは複数のネットワークディスカバリー技術で以下のOSIレイヤー2および3のトポロジーマップを作成します

  • IPアドレス
  • MACアドレス
  • DNS名
  • ノード名
  • スイッチポート接続


ネットワークインフラのマルチレベルディスカバリーを使えばネットワーク技術者はネットワークデバイスへのアクセス効率が大幅に向上します

3レイヤーのネットワークトポロジー自動表示
ルータとサブネットを含むレベル1表示
マネージドスイッチとハブを含むレベル2表示
末端ノードを含むレベル3表示(タイプやグループでフィルター可能)
任意ノードのレポート作成
スイッチやハブのポートレポート
Visioエクスポート

 

LANsurveyor機能トップへ↑

 

アプリケーションとの統合

LANserveyorが作成したネットワークマップ上で下記のアプリケーションを直接起動できます。マップ上のノードを右クリックし、コンテクストメニューを表示してください:

ブラウザを開く
TelnetまたはSSHで直接接続
MS Remote DesktopまはたVNCによる画面共有
スイッチインターフェイス操作

 

 

LANsurveyor機能トップへ↑

 

ノード情報

LANsurveyoのノード情報をマップから簡単に取得できます。マップ上のノードを選択し、ToolsメニューのGet Infoボタンをクリックします。SNMP MIB Walkも可能です。

 

 

 

LANsurveyor機能トップへ↑

 

スイッチ/ハブポートレポート

Switch/Hubポートレポート機能で、マネージドスイッチ及びハブに接続されたデバイスの情報を取得できます:

  • スイッチ/ハブ名
  • IPアドレス
  • ポートインデックス
  • ポート説明
  • 物理アドレス
  • マップドIPアドレス
  • マップドノード名

LANsurveyor機能トップへ↑

システム要件(ハードウェア)

メモリー 256MB

システム要件(ソフトウェア)

OS Windows 2000, 2003, XP, Vista, 7, 2008, 2008 R2

ライセンス種類

製品型番 ライセンス種類
SW-LANSV-M1 LANsurveyorライセンス(1年間サポート付)
SW-LANSV-EX-M1 LANsurveyor Expressライセンス(1年間サポート付)
情報セキュリティセミナー2015春の詳細・お申込みはこちらへ
ジュピターテクノロジー主催セミナー情報一覧へ
特選フリーツールページへ
カタログ・ビデオ一覧ページへ

メニュー

パートナー認定

  1. avast! Gold リセラー
  2. BalaBit ソリューションパートナー
  3. Paessler Platinum パートナー
  4. SolarWinds Platinum パートナー
  5. ObserveIT Certified パートナー
  6. Nagios Authorized パートナー