ObserveIT - 概要

ObserveIT(ObserveIT社)

ObserveITはObserveIT社(本社:米国)が開発したユーザー操作の記録と検索、レポートのための製品です。Citrix、 RDP、VMware、SSHはもちろん、あらゆるプロトコルの操作を画像とテキストメタデータで記録します。

この製品は監査対象マシンにエージェントをインストールしコンソールやリモートログインによる全操作監査を対象にしますが、ゲートウェイに設置し通過する操作を記録するジャンプサーバー運用も可能です。PCI-DSS、ISO27001、HIPAA、 SOXなどのコンプライアンス対策には特に有効です。
ObserveITはユーザーセッション操作のモニタリングツールです。Citrix、 SSHおよびRDP記録はお任せください。あたかもサーバー操作に対する監視カメラのように動作します。
そのため、セキュリティ、フォレンジック、PCI-DSS、 ISO27001などのコンプライアンス分野で注目を集めており、2007年の製品出荷開始以来、すでに全世界1400社を超える企業で利用されています。Windows、 Unix、 Linuxサーバーにおけるユーザー操作監視に驚くほどの効果があります。

 

ObserveIT導入実績

Interop Best of Show Awardノミネート


ObserveIT ができること

ユーザー操作の可視化

ファイルコピー、大量印刷、禁止サイトへの訪問などのインシデントの操作画面をキャプチャ。その操作はリスク度合いに応じてスコアリングされ、見るべき大量の絞り込み、どの操作がセキュリティ違反かが一目でわかります。

迅速な追跡&解決

インシデント発生直後に、その前後を含む全ての操作を確認可能。ビデオ証跡のためログや何台ものシステムを見る必要がなく、問題解決までの時間を大幅に短縮。リッチ検索により、疑いのある操作の検出やビデオ記録によるインシデントの確認が可能です。

セキュリティ意識の向上

ユーザーによるUSBドライブへのデータコピーやプログラムのダウンロード、セキュリティリスクを伴うその他の操作の実行に対して、ポップアップ通知を実行し、セキュリティポリシーに従った操作アドバイスを提示。ユーザーを教育することができます。

ObserveITが、Citrix Ready認定製品として、Citrix社ホームページに掲載されました(平成26年11月13日)

ソリューション