弊社で提供するPCI DSS 準拠サポート製品と対応する要件

PCI DSSとは、国際カードブランドであるAmerican Express、 Discover Financial Services、JCB International、MasterCard、Visa Inc.の5社が策定した、 カード会員データを保護するためのデータセキュリティ基準です。
クレジットカード情報を扱う組織は、PCI DSSの定める要件に準拠するようにデータを管理することが求められます。
実際にPCI DSS要件を満たすためにはいくつもの対策が不可欠です。 弊社ではこれらの要件に準拠するために複数の製品をご提案します。

PCI DSSについてもっと詳しく>>




syslog-ng Store Box (SSB)は高信頼ログ管理アプライアンスです。
高速ログ収集・分類・再編と安全な保存を実現することで、コンプライアンス準拠とログの一元管理をサポートします。対応するPCI DSS要件・要件3:保存されるカード会員データを保護する。要件4:オープンな公共ネットワーク経由でカード会員データを伝送する場合、暗号化する。要件10:ネットワークリソースおよびカード会員データへのすべてのアクセスを追跡および監視する。対応詳細はこちら>>

Shell Control Box(SCB)はユーザーの操作監視・監査のためのターンキーアプライアンスです。操作ログを動画で記録し、監査に耐えうる証跡を取得するとともに、国際基準のコンプライアンスに対応します。完全エージェントレスで既存環境に影響を与えることなく、簡単に導入することができます。対応詳細はこちら>>

ObserveITはユーザーの操作監視・監査ツールです。操作ログを動画で記録し、監査に耐えうる証跡を取得するとともに、各ユーザーの行動を点数計算し、疑わしい操作や警告をトップテン方式で表示します。不正操作時には即時にアラートを送信するため、確実に疑わしい操作をすばやくキャッチすることができます。対応詳細はこちら>>

Ekranはユーザーの操作監視・監査ツールです。全セッションを画像とテキストで記録し、検索も簡単に行えます。不正操作時の即時アラート機能や、自動レポート作成機能も装備。さらに情報漏洩につながりやすいUSBの制御も可能です。対応詳細はこちら>>

ご不明な点がある方は、以下よりお気軽にお問合せください。

お問合せははこちらへ