Retrospective バージョンヒストリー

Retrospective のリリース情報(平成29年3月16日現在)

バージョンを選択してください。

Ver.4.0.0 ~ 最新
4.1.0 b56
4.0.0 b51
Ver.3.6.0
3.6.0 b31

Retrospective v4

Ver.4.1.0 b56

新規

  1. 検索結果リストのDate/Time(日時)の列でマイクロ秒/ナノ秒を表示する機能のサポート
  2. Date/Time(日時)のローカル結果テーブルフィルタを導入
  3. Log level patterns(ログレベル定義)
    ・英数字以外のログレベルパターンをサポート
    ・ログレベルパターンで英数字以外の区切り文字をサポート
  4. SSHコンソールコマンド内でマウスホイールのスクロールをサポート
  5. 非アクティブなタブでモニター中に新しいエントリを検出した時、カウンタに表示を反映

主要なバグ修正

# サブジェクト

3441 IllegalStateException:連続していない主キーを持つオブジェクトを追加できない
3440 MacでのNullPointerExceptionがウィンドウのサイズ変更に関連する
3454 UbuntuのPreferences(環境設定)で結果テーブルのフォントを選択すると、IllegalArgumentExceptionが発生する
3452 ビューをロードしてもUbuntu上に保存されたビューは表示されない
3369 SSH Console:端末のエンコーディングはzcatで永久に変更される
3444 Search/Monitor(検索/監視)中にディスクストレージを有効にできない
3437 Terminal Textデータストア中にのArrayIndexOutOfBoundsExceptionが発生する
3433 以前無効化されたコントロールがSearch/Monitor(検索/監視)終了後に有効になる
3423 [Preference(環境設定)]ダイアログでフォント色を変更しても、結果リストでフォントの色が適用されない
3416 検索中のAWKERROR
3386 SSHコンソール:キーワードジャンプのサポートなし
3411 SSHコンソール:コマンド不足時にスクロールする際の問題
3408 検索中にUnsupportedOperationException(サポートされていない例外操作)が発生
3403 Retrospective起動時に追加で空のウィンドウが表示される
3333 非アクティブなタブの複製が動作しない
3311 FileBrowserで隠しフォルダが表示される
2994 Ubuntuでビューをロードする際のレイアウト問題
2993 Date/Time(日時)の検索条件を変更するとタブが非表示になる
2752 Ubuntu上のHost Manager: 右側のテキストボックスが切れる
2693 File Browser:キーボードのみで簡単に操作できない
2991 Ubuntuでタブを分割中にWindowsレイアウトが崩れる
3407 Host Manager: 複数のホストを異なるクラスタにドロップすると不完全なホストフォームが表示される


Ver.4.0.0 b51

新規

- xtermベースのSSHコンソール完全機能:

  1. メインメニューまたはHost Manager内からの作成
  2. SSHコンソール概観のカスタマイズ:色、フォント、カーソル
  3. 代替スクリーンバッファーサポート
  4. クイックモードとレギュラーモードでのコピー&ペーストのサポート
  5. 代替文字セットサポート(例:非UTF8エンコードの書式印刷文字)
  6. リモートホストエンコーディングの自動検知
  7. SSHコンソールタブの展開/埋め込み サポート

- Host Manager:

  1. クラスタ内のホストのグループ化

- 結果表示テーブル:

  1. 大文字と小文字を区別するローカルフィルタリング
  2. ログエントリの日付/時刻パターンによるローカルフィルタリング
  3. SSHコンソールで選択したエントリのログファイルをモニター(Tail)する新しいコンテキストメニュー項目

- その他:

  1. ローカル検索/監視に使用されるスレッドの最大数の設定(Preference)
  2. ビューの読み込みが現在のビューを閉じることをユーザーに警告

主要なバグ修正

# サブジェクト

3331 "Enable disk storage index" ボタンの初期設定が間違っている
3330 結果詳細ビューのハイライトが間違っている
3304 NullPointerException in ProfileComposite
3271 シングルクォート(')を含むローカル・フィルタを入力するとJdbcSQLExceptionが発生する
3270 "データソースの追加"ダイアログでアサーションが失敗する
2730 最後のセッションからビューを復元、または読み込む時、最後のアクティブタブをアクティブにする
2691 キーボードショートカットのダイアログがモーダル表示になる


Retrospective v3

Ver.3.6.0 b31

新規

- コアの処理エンジン:

  1. ローカルコンピュータとリモートホスト間の時差を自動的に補正
  2. ログデータを時間(年や月は未使用)で処理
  3. これから作成されるファイルの監視が可能
  4. 1つのファイルのみを持つtarファイルで検索の最適化を実現
  5. Autofindによるエンコーディングの検出を改善

- UIでカスタムなログのレベル定義


- ログの検索結果テーブルからデータを保存:

  1. データをテキストファイルに保存する時、複数のファイルに分ける
  2. データをExcelファイルに保存する

- Host Manager:

  1. ローカルコンピュータとリモートホスト間の時差を補正する新オプション

- "Configure Sources"ダイアログ:

  1. 複数ファイルがある場合のプレビューの見易さを改善
  2. Autofindサービスの結果と同じになるようにする

- 検索結果の詳細パネル:

  1. 一つのログエントリ内で複数のXMLをサポート

- 検索結果テーブル:

  1. 全項目数と関連するフィルタされた項目数を表示
  2. 検索の時間指定をする場合の追加/置換え用に拡張された機能

- Profile Manager:

  1. システムプロファイルが選択された場合のソースプロファイルコラム表示

- File Browser:

  1. 隠しファイルやディレクトリをユーザの選択により表示または非表示にする
  2. ソケットとブロックデバイスを専用のアイコンで表示

主要なバグ修正

# サブジェクト

2998 ホストを使用中、ホストの編集/保存ができない
3079 "Visible Column"の設定は新しい検索に常に適用されない
3189 HistoryとBookmarkタブ内の"Search Criteria"は、AND/OR演算子がなくなっている
3191 検索テキストは、検索とモニタリングを切替える時に更新されない
3197 モニタリングを停止するとユーザにより検索テキストが隠される
3219 プロパティダイアログ内の"Restore Defaults"は、現在のページのプロパティのみリストアされない
3220 検索結果のAuto-scrollはタブをエクスプロードした後、動作しなくなる
3221 pathを全部選択した検索データを使用するとプロファイルが無効になる
3222 ログレベルのみでフィルタした場合、一致しないエントリを削除できなくなる
3230 "Add Data Source"ダイアログでホストを追加しようとするとOK/Cancelボタンが消える
3236 ローカルフィルタで一致した場合、検索結果の詳細パネル内のdate/timeで間違ってハイライトされる
3240 検索期間がHistoryタブで間違ってハイライトされる
3241 History viewでPatternSyntaxExceptionが見える
3244 Macの場合、Validationエラーの赤が、フィールドのフォーカスが失われるまで消えない
3255 リーディングゼロを付けない日付フォーマットが設定できない