◆ ニュースリリース

Windows, macOS, Linux対応デバイス制御&DLPソリューション
新バージョンEndpoint Protector 5リリース

2018年10月10日

ジュピターテクノロジー株式会社

報道関係者各位
お客様各位

ジュピターテクノロジー株式会社(本社:東京都府中市、代表取締役:石川 幸洋、以下ジュピターテクノロジー)は、DLP(情報漏えい対策)ソリューション「Endpoint Protector(エンドポイントプロテクター)」の新バージョン「Endpoint Protector 5(EPP5)」を正式リリースいたします。


▽「Endpoint Protector 5(EPP5)」詳細
https://www.jtc-i.co.jp/product/epp/endpointprotector.html

【「Endpoint Protector 5(EPP5)」とは】

Endpoint Protector 5 (EPP5)は、ルーマニア CoSoSys 社が開発したDLP(情報漏えい対策)ソリューションです。
エンドポイント(Windows, Mac, Linux)をサポートするマルチプラットフォーム製品で、「デバイス制御」、「コンテンツ認識保護」、「eディスカバリー」、「モバイルデバイス管理」、「暗号化の強制」の各モジュールで構成されます。
情報漏えい、情報紛失、情報窃盗のリスクからあらゆる規模の企業を保護し、イベントやファイル移動の詳細なレポートやわかりやすいダッシュボード機能を提供します。

【 特長 】

  • エンドポイントOSは、Windowsだけでなく、macOS, Linuxにも充実した機能を提供
  • デスクトップからタブレット、USBデバイスなど、あらゆるデバイスを管理
  • 必須モジュールである「デバイス制御」をベースに必要な機能のみのモジュールで構成可能
  • 管理機能は、仮想アプライアンス(オンプレミス/クラウド(AWSインスタンス))、ハードウェアアプライアンスとして提供
  • ガートナー社マジック・クアドラント「企業向け情報漏えい対策ソリューション」に認定
    (Magic Quadrant for Enterprise Data Loss Prevention. Published: 16 February 2017)

【Endpoint Protector 5(EPP5)の主要モジュール】

● デバイス制御(Windows, macOS, Linux)

データの盗難やデータの損失を防止するために、USBおよび周辺ポートをロックダウン、制御、監視します。未承認のUSBやその他ポータブルデバイスからの情報漏えいを防ぎます。
(対象)
USBドライブ / プリンター / Bluetoothデバイス / MP3プレイヤー / 外付けHDD / Teensyボード / デジタルカメラ /Webカメラ / Thunderbolt / PDA / ネットワーク共有 / FireWire / iPhone / iPad / iPod / ZIPドライブ /シリアルポート / PCMCIAストレージデバイス / 生体認証デバイス/その他


● コンテンツ認識保護(Windows, macOS, Linux)

メール、クラウドストレージ、ソーシャルメディア、その他のオンラインアプリケーションなど、さまざまな出口ポイントを通じてネットワークから流出する機密データを管理します。
(対象)

  • メールクライアント:Outlook / Lotus Notes
  • Webブラウザ:Internet Explorer / Firefox / Chrome / Safari
  • インスタントメッセージ:Skype / Microsoft Office Communicator / Yahoo! Messenger
  • クラウドサービスとファイル共有:Dropbox / iCloud / SkyDrive / BitTorrent / Kazaa
  • その他 アプリケーション:iTunes / Samsung Kies / Windows DVDメーカー / Total Commander / Team Viewer など


● eディスカバリー(Windows, macOS, Linux)

ネットワーク上のユーザーのコンピューターに存在する機密データをスキャンし、データを暗号化または削除して、情報漏えいを未然に防止します。
(対象)

  • ファイルタイプ:画像ファイル / Officeファイル / アーカイブファイル / プログラムファイル /メディアファイルなど
  • 定義済みコンテンツ:クレジットカード / 個人識別情報 / 住所 / 社会保障番号 / ID /パスポート / 電話番号 /納税者番号 / 健康保険番号など
  • その他:カスタムコンテンツ / ファイル名 / 正規表現 / HIPAA


● モバイルデバイス管理(Android, iOS, macOS)※販売準備中

セキュリティ、アプリ管理、ネットワーク設定のプッシュ、ジオフェンスなどを実施して、モバイルデバイスを一元管理します。リモートロック、リモートワイプ、追跡と位置の特定などが可能です。


● 暗号化の強制(Windows, macOS)

暗号化されたUSBデバイスのみを許可し、すべてのデータ転送が自動的に保護されるようにします。パスワードベースで、使いやすく、効率的です。クラウドストレージ、ローカルフォルダ、CD/DVD でも利用できます。

【適用分野】

あらゆるネットワーク規模とあらゆる業界に柔軟に対応します。

【価格例(税別)】

<エンドポイントライセンス(サポート1年付)>

OS、用途に合わせて組み合わせてご利用ください。

・Endpoint Protector 5 Windows DC(デバイス制御)ライセンス 単価7,800円より
・Endpoint Protector 5 Windows CAP(コンテンツ認識保護)ライセンス 単価6,200円より
・Endpoint Protector 5 Windows ED(eディスカバリー)ライセンス 単価6,200円より
・Endpoint Protector 5 Windows EL(暗号化の強制)ライセンス 単価6,600円より

※数量ディスカウントあり


<アプライアンス(サポート1年付)>

BlueVault io デバイスコントロール;タイプMサポート 298,000円

<管理機能>

仮想アプライアンス(オンプレミス/AWSクラウド) 無償

【ジュピターテクノロジーについて】

当社は2001(平成13)年の創業以来、システム製品の販売、構築に特化した事業を展開し、お客様とともに成長してまいりました。お客様の満足向上を深く追求し、高品質なサービスの提供を常に心がけております。
お客様には今後とも感動を提供できるよう、常にサービスの改善に取り組むとともに、当社の長期安定的な成長と発展を遂げてまいる所存です。

■会社概要

商号   : ジュピターテクノロジー株式会社
代表者  : 代表取締役 石川 幸洋
所在地  : 〒183-0023 東京都府中市宮町2-15-13 第15三ツ木ビル8F
設立   : 2001年1月
事業内容 : システム製品販売(ログ、ネットワーク管理とセキュリティ製品)、システム構築事業
資本金  : 1,000万円
URL   : https://www.jtc-i.co.jp/

【本リリースに関するお問い合わせ先】

ジュピターテクノロジー株式会社 企画部 製品企画担当
Tel: 042-358-1250   Email:info@jtc-i.co.jp

・プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
・プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。そ の後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実に より、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。