働き方改革の「困った」を解決! 事例で学ぶ テレワーク導入その1(H30.2.22)

お客様各位



政府は、「働き方改革」を日本経済再生に向けての最大のチャレンジと位置づけ、
その取り組みに関する議論が活発化しています。

ニュースなどでも「働き方改革」という言葉を聞く機会がめっきり増えました。


働き方改革を社員に浸透する有効な手段として、テレワークの活用が注目されています。

テレワークとは、ICTを活用した、時間や場所にとらわれない働き方のことで、
人材の確保や生産性の向上など、様々なメリットが期待されています。


しかし、テレワークをいざ導入しようとしたところ、「あれ、困ったな!」と思うことはありませんか?

日常の業務の中では起こりえない、「いつもの操作をいつものように」していたはずなのに・・・。


今回はテレワーク特有の問題と、そのソリューションを事例を交えてご紹介します。


■ 働き方改革の「困った」を解決! 事例で学ぶ テレワーク導入 その1 >>



◆━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━◆


Teramindは、ユーザーが行った全ての操作をログと画像で記録し、記録された情報を分析して、
生産性やスケジュール(勤怠)管理、プロジェクト管理を行い、働き方改革を支援します。


■ 製品詳細 >>


■ 製品をより深く知るための製品ガイドはこちら(PDF) >>


Teramindには評価版(30日間、10ユーザーAgent用)があります。
お気軽にお試しください。


>>評価用ソフトウェアダウンロードサイトはこちら <<


◆━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━◆