PCIDSS セキュリティフォーラム 2016講演と出展のご案内

会期は終了いたしました。非常に多くの方にご来場いただきまして、ありがとうございました。

PCIDSS セキュリティフォーラム 2016 詳細はこちらへ

2016年6月22日(水)に開催される、日本カード情報セキュリティ協議会 (JCDSC)主催 「PCIDSS セキュリティフォーラム 2016」に出展いたします。弊社出展内容はこちら>>

■ PCIDSS セキュリティフォーラム 2016 講演内容

時間 ホールD5(120席) G402(81席)/G405(45席)/ G409(117席)
9:30 開場・受付開始 全体受付はD館5Fです
10:00 オープニング、ご案内 ※ガラス棟会議室(G402,G405,G409)のセッションは、お申込み人数の状況によって、 どの部屋を使用するかを決定し、当日のプログラムへ掲載してご案内します。
10:10~10:50 (01) 基調講演 「カード情報非保持とPCI DSS準拠は本格化するか」 ・『月刊消費者信用』編集長/浅見 淳氏 ※(01)基調講演のモニター中継会場
11:10~11:50 (02) Vormetric, Inc. 「Vormetricの高速トークナイゼーション・暗 号化機能を用いた情報漏洩対策」

(03) インフォサイエンス株式会社

(04) トリップワイヤ・ジャパン株式会社

(05) 株式会社リンク

11:50~13:00 昼休み (展示は昼休み中も実施) 昼休み (展示は昼休み中も実施)
13:00~13:40 (06) 特別講演 「カードセキュリティ強化に向けた実行計 画について」 ・経済産業省 商取引監督課 ご担当官

(07) Easy Solutions,Inc.

(08) 株式会社エクシード

(09) ※(06)特別講演のモニター中継会場

14:00~14:40 (10) SecureWorks Japan株式会社 「企業を脅かす情報セキュリティ ~脅威と対策の最新動向~」

(11) 株式会社大和ソフトウェアリサーチ

(12) ジェムアルト株式会社

(13) 株式会社 MONET

15:00~15:40 (14) NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 「ペネトレーションテストから見る、カード情 報流出につながる問題点」

(15) 三和コムテック株式会社

(16) タレスジャパン株式会社・マクニカネットワークス株式会社

(17) 富士通エフ・アイ・ピー株式会社

16:00~16:40 (18) 株式会社サン・パートナーズ 「V3.2PCI DSS準拠ポイントとサービスプロ バイダー要件DESVの解説」

(19) NTTデータ先端技術株式会社

(20) ジュピターテクノロジー株式会社 「『シスログ管理』と『監査証跡』:PCI DSS要件への適合性」

(21) BSIグループジャパン株式会社

事前申込みはこちらから

弊社の出展概要

PCIDSSへ効率的に準拠することを支援するための製品を複数ご紹介いたします。また、今回のフォーラムでは3つのパートから製品に対する理解を深めて頂けます。

① 講演
『シスログ管理』と『監査証跡』:PCI DSS要件への適合性と題して、PCI DSS準拠のためのログ管理と監査証跡の重要性についてご説明します。
◆ 講演時間:16:00~16:40 ◆ 会場:ガラス棟 ◆ 講師:ジュピターテクノロジー株式会社 プロダクト3部 野口浩史

② ミニセッション
ミニセッションでは高信頼性と高パフォーマンス性能を併せ持つSyslog管理アプライアンスsyslog-ng Store Box(SSB)について解説いたします。
◆ 時間:14:15~14:30 ◆ 場所:D401(D館4F)

③ 展示
PCI-DSS準拠の高性能ログサーバー syslog-ng Store Box(SSB)と証跡管理システム Shell Control Box(SCB)を展示いたします。
◆ 場所:D館5Fロビー ◆ ブース番号:10

弊社の出展製品

syslog-ng Store Box(SSB)

Syslog-ng Box(SSB)は、高信頼性と高パフォーマンス性能を併せ持つSyslog管理アプライアンスです。大量のログを管理すると共に搭載の検索インターフェースやカスタマイズ可能なレポート・統計エンジンにより、ログの調査や監査手段を提供します。取得したログは極秘データと位置づけられ、送受信経路や保存データの暗号化、不正アクセスや改竄・ 漏洩防止は、PCI- DSS要件に対応した機密保護基準を満たします。またSIEMオペレーションの前処理を最適化し、最高のTCOを得るログ管理を実現します。

syslog-ng Store Box(SSB)の詳細はこちら>>

Shell Control Box(SCB)

Shell Control Box(SCB)は、ユーザーの操作ログを動画で記録し、監査に耐えうる証跡を取得します。エージェントレスの為、サーバーとクライアントの間に設置するだけで透過的に動作し、現在の環境を変更することなくサーバーへのアクセス監視・コントロールを実現します。 全てのハードウェア、OS、アプリケーションをサポートし、サーバー管理に使用されるSSH, RDPチャンネルを透過的に監査し、コンフィグレーション変更、コマンド実行を含む全トラフィックを暗号化し変更や操作不可能な監査トレイルとして保存します。

Shell Control Box(SCB)の詳細はこちら>>

開催概要

会期 2016年6月22日(水)10時00分~16時40分 (受付開始9時30分)
場所 東京国際フォーラム(有楽町駅前)ホールD5 およびガラス棟会議室G402・G405・G409(アクセス
主催 日本カード情報セキュリティ協議会 (JCDSC)
参加費 無料(事前申込みが必要)
お申込み http://www.jcdsc.org/news/160622.php

本件に関するお問合せ

ジュピターテクノロジー株式会社 プロダクト3部 長谷川
Email: sales@jtc-i.co.jp   TEL: 042-358-1250