USBなどのデバイス制御 - Windows・Mac・Linux対応

デバイス制御ツールはなぜ必要?

USBデバイスやその他のポータブルストレージは、小さくて一見無害ですが、セキュリティインシデントの最も大きな原因の1つで、ビジネスに大きな影響を与える可能性があります。

USBを使えば個人情報や機密データなど、重要な情報を簡単に外部に持ち出すことができます。

悪意による情報漏えいだけでなく、紛失や盗難、管理ミスなどが原因で大事なデータが漏えいしてしまうことも少なくありません。

その損害は、広範囲に及びます。

企業でのUSBのセキュリティ対策は必須です。

USBなどのデバイスを制御するEndpoint Protector

Endpoint Protectorを使えば、社内のデバイスの一元管理と利用の制御を行うことができます。

USBポートとそこに接続されたストレージデバイスの制御を行い、機密データの漏えいを防ぐだけでなく、USB経由のマルウェアやウイルス感染の拡大も防ぎます。

セットアップ手順画像

特長

デバイス制御ポリシーをWeb UIで簡単設定。正確できめ細かな制御が可能

使用できるデバイスまたは使用できないデバイスの指定、デバイスのホワイトリストとブラックリストの作成、ユーザーまたはコンピューターごとのポリシーの定義、グループなどを定義し、あらゆるニーズに柔軟に対応します。

ポリシー設定画面

対応デバイス一覧 >

ファイルトレース、ファイルシャドー

ファイルトレース
デバイス、オンラインアプリケーション、クラウドサービスへのすべてのファイル転送や試行を記録し、ユーザーアクションを可視化します。

ファイルシャドー
監視対象デバイスに転送、または、メール、クラウドストレージ、その他のアプリケーションで送信されたファイルのコピーを保存します。

ファイルトレース、ファイルシャドー記録確認画面

オフラインのデバイスも保護!

前回接続時に更新されたポリシーと権限リストのローカルコピーで保護されます。ログや通知は次回のネットワーク接続時に転送されます。




一時パスワード発行機能

  • クライアントPCがサーバーに接続できない場合も、デバイス使用を一時的に許可できます。
  • 外出時や長期出張時にデバイスのアクセスが必要な場合、管理者に一時パスワードの発行を依頼し、通知されたパスワードを入力してアクセスを許可できます。

アクセス許可設定画面

見やすく、分かりやすいダッシュボード

Endpoint Protectorで記録された重要なアクティビティに関する概要がグラフやチャートで表示されます。

グラフ、チャートの画面例