DameWare Miniリモートコントロール バージョンヒストリー

DameWare Miniリモートコントロール のリリース情報(平成28年4月14日現在)

バージョンを選択してください。

Ver.12.0 ~ 最新
12.0.2
12.0
Ver.11.0~11.2
11.2
11.1
11.0
Ver.10.0
10.0

DameWare Miniリモートコントロール Ver.12

2016-3-15 Ver.12.0.2

  1. 共有セッション中に管理者権限のないDameWareユーザーが他のDameWareユーザーにリモート制御を拡張できない問題
  2. POODLE SSLv3脆弱性に関する問題
  3. ZDI-CAN-3125脆弱性に関する問題
  4. リモートマシンのMRC Agentのアップグレードに失敗する問題
  5. "MRC Ping"機能を使用してリモートマシンに接続できない問題

2015-10-6 Ver.12.0

  1. ワンクリックで展開モードの切り替え:スタンドアローンモードまたは集中管理(Centralized)モードで稼動中のDameWare Mini Remote Control で、ランニングモードを簡単に変更可能。
  2. DameWare Mini Remte コンソールでホストリストからエンドポイントを検索可能。
  3. Windows® 10 システムにおけるインストールとリモート接続をサポート。

DameWare Miniリモートコントロール Ver.11

2015-4-28 Ver.11.2

DameWare Mini Remote Controlのこのリリースは、Centralized(集中管理)モードで展開時にActive Directoryとの統合と同期をサポートします。

  1. Active Directoryで指定されたユーザーからDameWareユーザーのインポート
  2. 定期的なADの同期スケジュールによるDameWareユーザーリストの滞在状況を更新
  3. DameWare認証用のADの資格情報を使用したDameWareユーザーのシングルサインオンの有効化

2014-12-2 Ver.11.1

DameWare Mini Remote Controlのこのリリースでは、ヘルプデスクとの統合が最大の特長です。

  1. SolarWindsのWeb Help Deskとのネイティブな統合によるヘルプデスクコンソールからのリモートITトラブルシューティングの迅速化
  2. Web Help DeskでITチケットやIT資産イベントリからDameWareリモートセッションを迅速起動
  3. 既存のWeb Help Desk上にリモートセッション詳細や経過時間のようなメタデータ、タイムスタンプを保存、または新しいチケットの作成
  4. DameWareリモートセッションからのチャット履歴やスクリーンショットを直接Web Help DeskのITチケットに保存し参照管理

2014/5/6 Ver.11.0

DameWare Mini Remote Controlは通常のスタンドアロンモードに加えて、新たにCentralized(集中管理)モードをサポートしました。

  1. DameWareユーザーと権限の集中管理
  2. 1拠点からDameWare Remote SupportとMini Remote Controlのライセンスとアクティベーションのすべてを管理
  3. グローバルホストリストの作成と共有による高速で効率的なリモートサポートセッション

DameWare Miniリモートコントロール Ver.10.0

2013-6-4 Ver.10.0

DameWare Mini Remote Control は、Intel® KVM テクノロジーをサポート

  1. Intel AMT (Active Management Technology)とKVM(Kernel-based Virtual Machine)経由でリモートコンピュータにブート可能またはブート不可能なISO-Rイメージをマウント
  2. 第3世代SolarWinds ライセシング:プロキシサーバー認証を通したライセンス登録をサポート。Ver.9-ver.10の既存ライセンスをアップグレードまたは保守更新時に適用