Kiwi CatTools バージョンヒストリー

Kiwi CatTools のリリース情報(2019年11月29日現在)

バージョンを選択してください。

Kiwi CatTools v3 - 最新

Kiwi CatTools v3.11.5 2019-3-12

- Kiwi CatTools v3.11.5 リリースノート

注意:メーカーのリリースノート(英語)のページへ移行します。

Kiwi CatTools v3.11.4 2018-9-6

- Kiwi CatTools v3.11.4 リリースノート

注意:メーカーのリリースノート(英語)のページへ移行します。

Kiwi CatTools v3.11.3 2017-12-15

- Kiwi CatTools v3.11.3 リリースノート

注意:メーカーのリリースノート(英語)のページへ移行します。

Kiwi CatTools v3.11.2 2017-5-9

- Kiwi CatTools v3.11.2 リリースノート

注意:メーカーのリリースノート(英語)のページへ移行します。

Kiwi CatTools v3.11.1 2016-9-19

修正:

  1. 引用符で囲まれていないサービスのパスがある場合に、悪質なユーザーによって権限を昇格して使用されるMicrosoft Windowsの脆弱性に対する問題が修正されました。
    この脆弱性の詳細は、以下のリンクをクリックしてください。
    http://www.commonexploits.com/unquoted-service-paths/
    https://isc.sans.edu/diary/Help+eliminate+unquoted+path+vulnerabilities/14464

    情報源:https://support.solarwinds.com/Success_Center/Kiwi_CatTools/release_notes

Kiwi CatTools v3.11 2016-05-24

新機能および機能改善:

  1. IPv6サポートを追加しました。
  2. SSL/TLSメールサポートを追加しました。
  3. 次のデバイスにVariations機能を追加しました:
    HP.Switch.2500, RedHat Linux, Checkpoint VPN, Huawei General
  4. HP Procurve ソフトウェアアップデートしました。
  5. tech-support zipに含めるファイル、フォルダを改善しました。
  6. ARP Reportサポートを追加しました: Checkpoint Firewalls

修正:

  1. SSH経由でFortigateをバックアップした場合の不具合を修正しました
  2. Cisco NX-OS 6001に対してReport.Error Info Tableを実行しようとした時のエラーを修正しました。
  3. %ctUM: EchoOffが%Metaコマンドとしてではなくコマンドとして実行されてしまう不具合を修正しました。
  4. バージョンテーブルコマンドをSonic OS version 5.9以降用に修正しました。
  5. SSH経由で接続したDell PowerConnect switchesの不具合を修正しました。
  6. SSH経由でCisco Wireless Controllerデバイスに接続した場合にバッファフラッシュ時の不具合を修正しました。
  7. F5 TMSHデバイスのSSH2およびTelnet接続方法に132 columnが追加される問題を修正しました。
  8. Dell switchのSSHログインで直接パスワードプロンプトを処理する問題を修正しました。
  9. 3850 switchesのReport version tableのサポートスタックデータの問題を修正しました。
  10. Enterasys.MatrixN.Switchデバイスタイプにvariationsを追加したときの問題を修正しました。
  11. Palo Altoデバイスのconfig形式を避ける規定を追加する際の問題を修正しました。
  12. checkpoint VPNのFTPプロンプト処理問題を修正しました。
  13. Enterasys MatrixN Switchにignore textを追加したときの問題を修正しました。
  14. HPデバイスのbackupコマンドのecho処理の問題を修正しました。
  15. Cisco.NXOSデバイススクリプトをバイト変換で非数値を読み取るよう修正しました。
  16. Cisco.NXOSデバイススクリプトをインターフェースの重複エントリを避けるように修正しました。
  17. Cisco.Switch.IOSデバイススクリプトをデバイスのホスト名決定時に追加の遅延を導入しエラーレポートメールが送信されないように修正しました。
  18. Foundry.Switch.GeneralデバイスタイプでSSH接続オプションを追加しました。
  19. Cisco.Switch.IOSスクリプト内の特定のMAC Reportフォーマットのカラム定義を修正しました。
  20. Cisco.NXOSスクリプトで数値を要求するフィールドに非数値が表示される問題を修正しました。
  21. checkpointデバイスが追加のバックスペース文字をページングプロンプトに追加する問題を修正しました。
  22. Nortel.Switch.Ethernetで誤った場所にラインフィードとキャリッジリターン(Lf & Cr)文字が表示される問題を修正しました。
  23. Telnetのシンタックスを介した接続がFortigateデバイスのSSHで一緒に変更されてしまう問題を修正しました。
  24. Cisco Nexus 9000 switchesが以前のバージョンと異なるIOS情報のtext/labelを持っている場合の問題を修正しました。
  25. 現在のシステムバージョンがreport version tableアクティビティの古いバージョンで上書きされるCisco Nexusデバイスの問題を修正しました。
  26. 最新OSのCisco Stack SwitchでVersion Reportに詳細が表示されない問題を修正しました。
  27. 他のスイッチを介して接続しているときにCisco IOS Switchesの特定のタイプで送信にCRが必要だった問題を修正しました。
  28. メニュー選択でCLIモードを選択できる最新バージョンのIron Portデバイスの問題を修正しました。
  29. Cisco Firewallデバイススクリプトが構成の追加のヘッダー情報(シリアル番号やハードウェア)を回避するよう修正されました。
  30. enableモードに入るために確認を要求する新しいHPデバイス(最新OS)の問題を修正しました。
  31. バージョン詳細を取得するためのSonicWall Sonic OSコマンドが出力フォーマットを持つように変更しました。

Kiwi CatTools 3.10

- Kiwi CatTolls 3.10リリースノート(平成26年4月8日)


Kiwi CatTools 3.9

- Kiwi CatTolls 3.9リリースノート(平成25年3月12日)


Kiwi CatTools 3.8

- Kiwi CatTolls 3.8リリースノート(平成24年10月23日)


Kiwi CatTools 3.7

- Kiwi CatTolls 3.7リリースノート(平成24年3月20日)


Kiwi CatTools 3.6

- Kiwi CatTolls 3.6リリースノート(平成22年11月24日)


Kiwi CatTools 3.5

- Kiwi CatTolls 3.5リリースノート(平成22年5月3日)