Nagios Network Analyzer バージョンヒストリー

Nagios Network Analyzer のリリース情報(平成29年11月9日現在)

バージョンを選択してください。

Ver.2 ~ 最新
2.3.0

Nagios Network Analyzer

2017-8-29 2.3.0

  1. インポートするいくつかの異なるLDAPアカウントタイプを追加しました。
  2. 表示期間に2時間、4時間、6時間、12時間のオプションを追加し、既定を2時間にしました。
  3. 既定のシステムファイアウォール設定でソースが削除されたときに、ファイアウォールを更新してポートを削除する機能を追加しました。
  4. メールアラートに状態情報を追加しました。
  5. PHP 7.0および7.1をサポートするため暗号化ファイル更新しました。
  6. RRDToolをバージョン1.7.0に更新しました。
  7. nfdumpをバージョン1.6.15に更新しました。
  8. スクリプトでの使用を容易にするため、チェック出力にバッククォートがないように更新しました。
  9. レポートとクエリバックエンドが~10%高速になり、例外は使用しないように更新しました。
  10. CentOS 7でスワップとメモリ統計が間違った値を表示していたバグを修正しました。
  11. 選択されていないソースグループからソースが削除される問題を修正しました。
  12. スラッシュを使用したAD/LDAPからのインポートを修正しました。
  13. CSRFトークンの不具合によりグラフが更新されないカスタムレポートを修正しました。
  14. 正しい「Bits/Sec」(ビット/秒)フィールドを表示するため、ネットフローデータの用語を修正し、GiとMiを表示するためインターフェイスを更新しました。
  15. NRDP経由でNagiosのホスト/サービスアラートを追加する際に一意にする必要があるホスト名を修正しました。